ボルドーワインに魂を奪われた、日本ソムリエ協会認定アドバイザー「マダム櫻子」所蔵のボルドーワイン・コレクションを全公開!めったにお目にかかれないレアものも要チェック!

シャトー・サント・コロンブ 2004

シャトー・サント・コロンブ 2004
ヴィンテージ2004
ぶどう品種メルロー70%
カベルネソーヴィニョン20%
カベルネフラン10%
タイプフルボディ
生産者ジェラール ペルス


ラベルのハートの中の鳩がとてもチャーミング!
2002年よりサンテミリオンの有名なシャトー、シャトーパヴェのオーナー「ジェラール・ペルス」の単独所有となり、ミシェル・ロランがコンサルタントに迎え、シャトーパヴェなどで一年使用した樽で15ヶ月の樽熟成。

シャトー・サント・コロンブ 2004 シャトー・サント・コロンブ 2004

清澄、濾過はせず輝き、香り共に風味豊か。とてもタニック。

2004年は、破格な価格。

元々、粘土質の丘(メルロー)と、石灰質の台地(カベルネ)にそれぞれ適正ぶどうが植えられており、クラッシクなスタイルの造りです。

2010.5.24 マダム櫻子開催のワイン教室でティスティングしました。

シャトー・サント・コロンブ 2004


<ワイン教室に参加したnorisukeさんのコメントです>

「はじめは相当にタンニンを感じた。柿を食べた後のような・・・正しくシブ~イってあれ。
でもふんわりと空気を取り込んで、時間差をつけて飲んでみると、かなりまろやかになった。

メルロー種がビロードとかシルクとかしなやかでなめらかなイメージを抱かせる表現が多いが、ほんと!その通りで、エレガントさがよくわかった。メルロー僕好きかも~

さらに時間をおいて飲んでみたらまず優しい甘さと、キレの良さを感じて最初の柿のイメージはどこへいったのだろう・・・『母さん、僕のあの柿どうしたんでしょうねぇ~』って感じ~♪ママ~ ドゥ ユー リメンバー♪わかるかな(笑)」

マダムは、花丸を付けました(^^)v 本当にその通りだからです。
グラスに注いでからの変化の様子を、実にわかりやすく、話していると思います。
良く出来ました! 

シャトー・サント・コロンブ 2004



トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yumewine.com/mt/mt-tb.cgi/18

このワインに関する思い出やご感想などドンドン書き込んでくださいな!