ボルドーワインに魂を奪われた、日本ソムリエ協会認定アドバイザー「マダム櫻子」所蔵のボルドーワイン・コレクションを全公開!めったにお目にかかれないレアものも要チェック!

シャトー・コス・デストゥルネル 1992

シャトー・コス・デストゥルネル 1992
ヴィンテージ
ぶどう品種カベルネ・ソーヴィニヨン
メルロー
タイプフルボディ
生産者ソシエテ・ド・ドメーヌレビエ



格付け第2級ではあるが、1級にも匹敵する人よんでスーパーセカンドとはコスのこと!

コス・デストゥネル1992 コス・デストゥネル1992



ポーイヤック村の格付け第一級・Ch.ラフィットのお隣(小川を渡るとそこはコス)
サンテステフのマハラジャと呼ばれた、ルイ・ガスパール・デストゥルネル。

彼は、冒険家。カベルネ・ソーヴィニヨン・メルローがメインの土地にローヌから
シラーを取り寄せ試植・・・失敗

インドへの船積みワインにお戻り用をも載せ、「R」=リターンとして発売、

結構売れた。
が、赤道を2度通過しているからワインにダメージが来ないはずがない・・・
と思うのよね。

財産はすべてコスにつぎ込み、増築と改築の設備投資に畑の改良に明け暮れ、
彼一代でコス・デストゥルネルのワインの品質を格段に高めた。

1855年のボルドーオーメドックの格付けに選ばれたという(サンテステフ村の筆頭)
最高の栄誉に輝いたことも知らず、この喜びのわずか2年前にこのマハラジャは
亡くなっています・・・人生を感じますね。

ちなみにラフィットとは「ラ・ヒート」=小さな丘。
この小さな丘にあるラフィットを見下ろす丘にコスはある。

 



トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.yumewine.com/mt/mt-tb.cgi/54

このワインに関する思い出やご感想などドンドン書き込んでくださいな!